残したい日本の音風景100選…宮城野のスズムシ
       耳に心地よく、心やすらぐ鈴虫の調べ 宮城野のスズムシ[ 虫 ] /宮城県仙台市
仙台市宮城野区鶴ヶ谷中央公園

写真提供:maririnさん。HPは こちら
 環境庁が認定した『残したい日本の音風景100選』と言うものが有ります。
宮城県関連では、
@宮城野のスズムシ 宮城県/仙台市 
A広瀬川のカジカガエルと野鳥 宮城県/仙台市
B北上川河口のヨシ原 宮城県/石巻市(北上)
C伊豆沼・内沼のマガン 宮城県/栗駒市(築館、若柳)、登米市(迫)
が、認定されています。

●スズムシの鳴声が良く聞ける場所は、宮城県民の森・高森山(Map)、
与兵衛沼公園(枡江の森)、鶴ヶ谷中央公園( Map) とされています。
そのうち、この頁では鶴ヶ谷中央公園を紹介します。

●鳴声の時期
立秋過ぎから晩秋までの時期

 生育地域は、南は九州から、北は、日本海側は秋田県、太平洋側は
宮城県が北限とされています。
 それでは、何故北限のスズムシが、『日本の音100選』に選ばれたか? 
江戸時代、仙台藩主・伊達家から将軍家へ鈴虫献上として『七振り鳴く宮城野の鈴虫』が送られ珍重され、昔から有名だったようです。 
 
『七振り』とは…
スズムシは一匹が鳴き出すと回りでも一斉に合唱を始めます。そして何回か鳴くとぴたっと止まってしまいます。
はじめリーと鳴き始め、リーンリーンと鳴き出しますが、このリーンの数が『振り』で、何回か?によって、何振りと呼んでいたようです。
 普通の地域では4-5回のようですが、宮城野のは7回鳴くことから、この『七振りのスズムシ』の名前が付いたようです。
 秋の鶴ヶ谷中央公園・ひょうたん沼。 写真の奥に見える山が宮城県民の森で、右端の一番高く見えるところが高森山(106m)。
 沼の東西両側には公園が整備されています。
 ■鶴ヶ谷中央公園の四季
 鶴ヶ谷中央公園は、周囲が団地として整備された中に有りますが
この一角は自然が良く残され、地域住民の憩いの場所になってい
ます。

 春には、桜が咲き…
と言っても、ソメイヨシノは数える程しかなく仙台枝垂れ桜が綺麗で
す。
数年前、ここを桜の名所にしようと100本ほどの桜の苗が植えられま
した。何年か後には見事な桜を見ることが出来ると思います。

 晩秋になると、冬の使者・雁や白鳥が飛来します。