■ どんと祭(どんとさい)
 1月14日、県内各地の神社などでは小正月行事として『どんと祭(どんとさい)』と言う正月飾りなどを御神火で燃やし
商売繁盛、無病息災を祈る行事が行われます。
そのうち、幾つかの神社には『裸参り』が行われますが、大規模なのは大崎八幡宮( Map )のそれです。
  
アクセス: JR仙山線、東北福祉大前または国見駅から1.5km徒歩15分。地下鉄:北4番丁から2.5km徒歩25分。仙台駅前からシャトルバスあり。
 市内各地から、提灯を片手に鈴を鳴らしながら裸参りの行列が参集して来ます。
口には五円玉を包んだ半紙を咥えて無言で進みます。
一応、三年通うと願が叶うと言われています。ただし、寒い! 管理人は一回だけ裸で参加して終わりました。
 参道はごった返していますが、『裸参り』が来ると道を空けてくれ優先的に神社に向かうことが出来ます。
  神社でお払いを受けた後、御神火へと向かいます。
 腰につけてきた注連縄を御神火に投げ入れ、周りを3周して、今年一年の無病息災などを祈ります。