◆ 2011.3.11 東日本大震災関連 ニュース
反対もあったが被災地へ修学旅行…福岡・修猷館
読売新聞平成24年 1月13日(金)14時46分配信 をコピーさせていただきました。
 福岡市早良区の県立修猷館(しゅうゆうかん)高の2年生約350人が5〜8日、東日本大震災で被災した宮城県を修学旅行で訪れた。

 「被災地の現状を直接見ることも大切」と学校側が行き先を長野県から変更。
当初は一部の生徒や保護者から反発もあったが、実際に現地を訪れたことで、「将来の目標が見えてきた」などと大きな収穫を得て帰
った生徒もいた。

 「なぜ生徒の意見を聞かずに決めるのか」

 「余震や東京電力福島第一原発事故に伴う放射線被曝(ひばく)の恐れがある」

 中嶋利昭校長(60)が計画変更を伝えた昨年6月、保護者や生徒から反対の意見が相次いだ。もとは同時期に長野県でスキーを行う
計画だった。

 それでも中嶋校長は「行くことで生徒は様々なことを感じ、被災地の支援にもなる」と方針を貫いた。ただ、宿舎を内陸の宮城県蔵王町
のホテルに統一し、スキーだけを体験するコースも準備。生々しい被災地を訪れたくない生徒に配慮して選択できるようにした。

 旅行は2年生約440人のうち参加を希望した約350人で行い、そのうち約110人が津波で被害を受けた沿岸地域を訪れた。

 同県石巻市では、被災後も手書きで新聞を作った石巻日日新聞で社員らから話を聞いた。津波を受けた後に火災で校舎が焼けた
門脇小なども訪問。
民家が次々とのみ込まれた同県名取市でも、仮設住宅に住む被災者やボランティア活動を続ける人から話を聞き、仙台市では仙台一高
で生徒と交流した。

 一方、スキーに参加した生徒も、インストラクターらから震災当日や復興の様子を聞いた。

 沿岸地域を訪れた女子生徒(17)は「あちこちで『被災地を忘れないで』『来てくれてありがとう』と言われた。将来の夢は考えていなか
ったが、苦しい状況でも前に進もうとする人たちを支える人間になりたいと思うようになった」と言う。

 旅行前、保護者の反対で参加できなくなる同級生を心配し、中嶋校長に再考を訴えた女子生徒。「行けなかった友達にも、現地の様子
を伝えたい」と話した。

 宮城県観光課によると、来年度以降に同県を修学旅行で訪れることを検討している学校はあるが、今年度の予定を変更してまで訪問した
学校は珍しいという。

(本部洋介) 最終更新:平成24年1月13日(金)14時46分

 企画された中嶋利昭校長及び学校関係者、そして理解を示しお子さんを参加させた父兄に深い敬意を表します。
                                                    ・・・管理人
TOP頁へ