■ ぶらリ仙台
  ◆ みやぎ蔵王 散策
蔵王連峰は宮城・山形に跨る名峰です。スキー場が発達し知名度が高い山形蔵王ですが、夏山観光の目玉「御釜」
は、宮城県側にあります。途中の景観も宮城側に見所が多いでしょうか。
 仙台からの観光バスに乗って山岳道路「蔵王エコーライン」を上ります。山頂直下の県境あたりから有料の「蔵王ハ
イライン」を登ると刈田岳山頂に到着です。レストハウスから、ほんの少し歩くと直ぐ眼下にエメラルドグリーンの御釜
(おかま)と、五色岳が見えてきます。
この写真は、途中の「駒草平」から不動ノ滝を望む。
この一帯はコマクサの群生地となっています。
御釜から北西に熊野岳(写真上の右の方)と地蔵山(同
左の方)へ向かう稜線は馬の背と言われます。
山頂の下、エコーライン途中の大黒天からの展望。
左が刈田岳、右が御釜の五色岳。
ハイライン山頂から見た刈田岳・刈田嶺神社。
左手には直ぐ御釜が、右手にはレストハウスです。
コケモモの可憐な花 ハンサンボウフウ だと思います
コマクサの群生地は、御釜から熊野岳に向かう途中と駒草平の二箇所が見事ですが、レストハウスの直ぐ脇の稜線
(馬の背)にもまばらながら自生しています。写真はこちらレストハウス側のコマクサです。
      撮影:平成16年7月4日