西行戻りの松公園の桜/松島
 日本三景・松島。湾内を展望できる高台、『西行戻りの松』公園の桜探訪です。
高台にあるのと、海岸に近い為潮風の影響でしょうか少し遅れて桜が咲きます。海と、松と、桜を見ることが出来る
桜のスポットです。
【西行戻りの松(戻し松)】歌人西行法師(1118-1190)が松島を訪れようとこの地の松の傍らで休み、松島明神である老人と出会い『あこぎ』
の意味を尋ねた。老人は古い和歌を引いて答えた。西行はそれが分らず恥じてこの地から去った。
又、山王権現の化身である鎌を持った童子に会い、仕事は何かと問うと、「冬はきて夏枯れ草を刈りに行く」と答えた。西行はその意味が分ら
なかった。童子は才人の多い霊場松島を訪れると恥をさらすであろうと諭したので、西行は恐れてこの地から去ったという伝説があり、この
一帯を西行戻しの松という。    西行のこんな伝説は各地に有ります(松島教育委員会の案内板より)
 福浦島にも桜の木が数本、花咲いているのが見えますね。
 今日も沢山の観光客を乗せて観光船が行き来しています。
 公園内の桜