TOP > 鶴ヶ谷中央公園の鳥 TOP >  ガビチョウ
 ■ 鶴ヶ谷中央公園と付近で見られる鳥の小図鑑

◆ガビチョウ
 GIFアニメ工房のGIFアニメ作成ソフト
スズメ目 チメドリ科
  

ガビチョウ(画眉鳥、学名 Garrulax canorus)

大きさ:  22-25cmcm。

鳴声: かなり大きな音色で美しく囀る。ウグイスやキビタキ、オオルリ、
    サンコウチョウといった他種の囀りをまねることがある。

特徴  :嘴と尾が長い。体色は全体的に茶褐色でかなり地味であるが、
    眼の周り及びその後方に眉状に伸びた特徴的な白い紋様を持つ。
    嘴の色は黄色。

生態: 留鳥。 南東北、関東、中部、九州北部で見られる。

    中国南部から東南アジア北部にかけて広く生息する。
     日本では、ペットとして輸入された個体がかご脱けにより定着した。
    同属のカオグロガビチョウ、カオジロガビチョウと共に外来生物法で
    特定外来生物に指定されており、日本の侵略的外来種ワースト100
    選定種にもなっている。


撮影: 2011.8.15  宮城県仙台市宮城野区鶴ヶ谷中央公園内
 2011.8.15
 2020.02.19
 2020.02.19 
 撮影: 2020.02.19  宮城県仙台市宮城野区鶴ヶ谷中央公園内
 

 YouTubeに、鳴声の動画がありましたのでお借りします。
物まねが上手いので「ウグイス」と思ったのはこいつかも(~~;